メラノックス テクノロジーズ ジャパン株式会社 - プレスリリース・イベント・セミナー最新情報


ニュース

 
SC'15関連ニュース
 
InfiniBand製品情報
 
Ethernet製品情報
 
ソリューション

 

 

 

 

 

 

 

2015年11月17日 プレスリリース

最新のTOP500においてEDR 100Gb/sおよびFDR 56Gb/s InfiniBandの採用がさらに増加し、インターコネクトのリーダーシップを継続

TOP500において、x86システムならびにその他の幅広く利用されているプロセッサ搭載システムで採用されている唯一の100Gb/sインターコネクトソリューションをメラノックスが提供

2015年末までにさらに多くのEDR 100Gb/s InfiniBandシステムが稼働し、2015年7月と比べEDRシステムの数が世界中で2倍以上に到達すると予想

InfiniBandが事実上パフォーマンス要件の過酷なシステムおよびアプリケーションに最適なインターコネクトとなり、これまでにないシステム効率および投資収益率を実現

 

本プレスリリースのpdf版はこちら

 

データセンターにおけるサーバやストレージシステム向けにエンドトゥエンドのインターコネクトソリューションを提供するトップベンダーであるメラノックステクノロジーズ社(Mellanox® Technologies, Ltd., NASDAQ: MLNX)は、本日、最新のスーパーコンピュータTOP500リストにおいてInfiniBandが採用されているシステム数が2014年11月から2015年11月の1年間に増加し、データセンターに対する投資収益率を最大限に向上させることのできるメラノックスのInfiniBandソリューションに対するニーズがますます高まっていることが実証されていると発表しました。InfiniBandを使用したスーパーコンピュータの数は前年の225システムから235システムに増加し、TOP500の47%を占めています。FDR 56Gb/s InfiniBandシステム数は前年比16%増加しており、EDR 100Gb/s InfiniBandソリューションはTOP500リストの4システムで採用されています。2015年7月のTOP500と比べ、EDR 100Gb/s InfiniBandシステムの数は2015年末までに2倍以上に到達することが予想されています。

 

今回発表されたTOP500リストでは、中国からEthernetベースWeb 2.0およびクラウド向けインフラストラクチャのベンチマークが初めて提出、ランクインしており、TOP500におけるハイパフォーマンスコンピューティングシステムおよびインターコネクトの動向の全体像が様変わりしています。これらのハイパースケールシステムでは類似のシステムアーキテクチャが採用されており、効率性を高めるためにはRDMAおよびインテリジェントなインターコネクトが必要になります。RDMA over Converged Ethernet(RoCE)対応のメラノックスのEthernetアダプタおよびスイッチにより、このようなインフラストラクチャにおいて、パフォーマンス、スケーラビリティ、効率性および総合的な投資収益率の向上が可能になります。InfiniBandはHPCベースインフラストラクチャ向けの主要なソリューションであり、HPCリサーチチセグメントの61%、HPC学術セグメントの80%、官公庁の50%で利用されています。クラウド、Web 2.0およびエンタープライズ産業システムを組み合わせると、その分野のインフラストラクチャの24%でInfiniBandが採用されていることになります。
 
「メラノックスは、TOP500のインターコネクトにおけるリーダーシップを継続するとともに、当社のFDRおよびEDR InfiniBandソリューションの採用が増加していることを大変うれしく思います。メラノックスは、その高い性能が実証された堅牢で信頼性の高いエンドトゥエンド100Gb/sインターコネクトソリューションを提供する唯一の企業であり、トップレベルのアプリケーションパフォーマンスおよびシステムのスケーラビリティを実現しています」と、メラノックステクノロジーズ社社長兼最高経営責任者エヤル・ワルドマンは述べています。「ハイパフォーマンスおよびこれまでにない膨大な量のデータ分析の必要性が高まるに伴い、インターコネクトがよりインテリジェントになる必要があります。インテリジェントなインターコネクトソリューションによって、何世代にもわたってアプリケーションパフォーマンスがさらに向上されるとともに、エクサスケールコンピューティングおよびストレージインフラストラクチャの新しい時代が切り拓かれることになります。2017年にHDR 200Gb/s InfiniBandソリューションの提供開始を計画しているメラノックスは、ハイパフォーマンスコンピューティング、Web 2.0およびクラウドにおいて一世代先を行く圧倒的なリーダーシップを引き続き発揮していくことになります。」
 
メラノックスのConnectX®-4 EDR 100Gb/s InfiniBandアダプタ、Switch-IB™ベースのスイッチシステムならびにLinkX®カッパーおよび光ケーブルにより、世界最速のスーパーコンピュータのサーバおよびストレージのパフォーマンスが最適化され、スケーラブルで低レイテンシー、電力効率に優れたインターコネクトが実現されています。
 
TOP500は、Linpackを使用したベンチマークを基に世界でもっとも強力なスーパーコンピュータの順位付けをしています。TOP500リストは年に2回発表されており、www.Top500.org で公開されています。
 
2015年11月発表のTOP500リストにおけるInfiniBand関連ハイライト
 
 
関連情報
 
 
メラノックスについて
メラノックステクノロジーズ社は、サーバやストレージを対象にInfiniBandならびにEthernetのエンドトゥエンドインターコネクトソリューションを提供するリーディングカンパニーです。メラノックス社の製品により、最高のスループット、最小のレイテンシーが実現し、データセンターの効率性が向上します、また、アプリケーションにデータが高速に伝達されるため、システムのパフォーマンスを最大限向上させることができます。メラノックスは、アダプタ、スイッチ、ソフトウェア、ケーブル、シリコンといった高速インターコネクト製品を提供しており、これらの製品により、アプリケーションのパフォーマンスが向上し、HPC、データセンター、Web 2.0、クラウド、ストレージや金融といったさまざまな市場において業績を最大化する一翼を担っています。
 
メラノックステクノロジーズに関する詳しい情報は、www.mellanox.co.jp または www.mellanox.com でご確認ください。
 
Safe Harbor Statement under the Private Securities Litigation Reform Act of 1995:
 
This press release contains forward-looking statements within the meaning of the safe harbor provisions of the Private Securities Litigation Reform Act of 1995, including statements related to the market demands in light of exponential data growth, the needs of applications, industry trends to improve system efficiency and scale, Mellanox’s smart interconnect solutions and the combination of such solutions with other products, the performance impact of Mellanox’s EDR 100Gb/s InfiniBand. These forward-looking statements are based on our current expectations, estimates and projections about our industry and business, management’s beliefs and certain assumptions made by us, all of which are subject to change. Forward-looking statements can often be identified by words such as “projects,” “anticipates,” “expects,” “intends,” “plans,” “predicts,” “believes,” “seeks,” “estimates,” “may,” “will,” “should,” “would,” “could,” “potential,” “continue,” “ongoing,” similar expressions and variations or negatives of these words. These forward-looking statements are not guarantees of future results and are subject to risks, uncertainties and assumptions that could cause our actual results to differ materially and adversely from those expressed in any forward-looking statement. More information about the risks, uncertainties and assumptions that may impact our business is set forth in our annual report on Form 10-K filed with the Securities and Exchange Commission (SEC) on March 2, 2015 and in our quarterly report on Form 10-Q filed with the SEC on October 30, 2015. Other risks, uncertainties and assumptions that could cause our actual results to differ materially from those projected may be described from time to time in reports we file with the SEC, including reports on Forms 10-Q and 8-K. We undertake no obligation to update or revise any forward-looking statements, whether as a result of new information, future events or otherwise.
 
Mellanox, ConnectX, SwitchX, およびVirtual Protocol Interconnectはメラノックステクノロジーズ社の登録商標です。記載されているその他の会社名および製品名は、各社の商標または登録商標です。

Home  |  会社概要  |  採用情報  |  プレスリリース・最新情報  |  プライバシーポリシー  |  国内パートナー  |  本社サイト