メラノックス テクノロジーズ ジャパン株式会社 - プレスリリース・イベント・セミナー最新情報


ニュース

 
ISC'14関連ニュース
 
InfiniBand製品情報
 
Ethernet製品情報
 
ソリューション

 

 

 

 

 

 

 

2014年6月24日 プレスリリース

メラノックスのインターコネクトソリューション採用により新しいHP Apolloファミリのパフォーマンスが向上

あらゆる規模のデータセンターにおいて、コンパクトなフットプリント、優れたエネルギー効率および高い性能を実現するハイパフォーマンスプラットフォームが導入可能に

 

本プレスリリースのpdf版はこちら

 

データセンターにおけるサーバやストレージシステム向けにエンドトゥエンドのインターコネクトソリューションを提供するトップベンダーであるメラノックステクノロジーズ社(Mellanox® Technologies, Ltd., NASDAQ: MLNX)は、本日、同社のエンドトゥエンドFDR 56Gb/s InfiniBandおよび10/40ギガビットEthernetインターコネクトソリューションによってHP社のハイパフォーマンスコンピューティングシステムであるApolloファミリのパフォーマンスが向上し、データセンターに対する投資収益率が最大限に高められるとともに、設置スペースおよびエネルギー効率の課題が解決されることを発表しました。
 
モジュラー型ラックデザインのHP Apolloファミリでは、先進の空冷および水冷テクノロジー、SmartメモリおよびSmartセンサが採用されています。この新しいシステムにより、同等のフットプリントの標準ラックサーバと比べ、パフォーマンスが4倍向上するとともに、省電力化が実現されます。メラノックスのインターコネクトが採用された新しいHP Apolloファミリによって、企業はデータの潜在能力を最大限に引き出すことができるとともに、将来的に登場するアプリケーション向けにデータの処理性能を強化することが可能となります。
 
“メラノックスは、HP社と共同で当社のインターコネクト対応の新しいApolloシステムの開発に取り組むことができ、大変光栄に思っています”と、メラノックステクノロジーズ社グローバルアカウント担当兼南北アメリカ地域OEMセールス担当副社長チャック・タイバーは述べています。“このジョイントソリューションによって、効率性の高いスケーラブルなハイパフォーマンスデータセンターを短期間で展開可能となり、ミッションクリティカルなアプリケーションのパフォーマンス強化および大幅なコスト削減が実現されます。”
 
“メラノックスのインターコネクトが採用されたHP Apolloファミリにより、環境に優しいデータセンターの構築が実現するとともに、HPCの強力なパワーが活用可能となります”と、HP社ハイパフォーマンスコンピューティング担当ジェネラルマネージャのスコット・ミサージュ氏は語っています。“このジョイントソリューションにより、HPCテクノロジーの採用を検討している企業およびアーリーアダプタは共に経済面ならびに環境面のメリットを享受できます。”
 
HP Apolloの製品ポートフォリオは、HP Apollo 6000システムおよびHP Apollo 8000システムで構成されています。空冷式のサーバラックデザイン採用のHP Apollo 6000システムは、ラックあたり最大で160台のサーバ、外部パワーシェルフおよびVirtual Protocol Interconnect(VPI)対応のメラノックスのConnectX®-3アダプタカードを搭載することができます。VPI対応のConnectX-3アダプタカードでは、FDR 56Gb/s InfiniBandおよびRoCE接続対応の10/40ギガビットEthernetがサポートされます。このソリューションにより、競合のブレードシステムに比べ運用コストが最大45%、設置スペースが最大60%削減されます。EDAあるいは金融サービスのリスク分析など高度な処理能力が要求されるアプリケーションを利用する企業は、柔軟性の高い管理の容易なインフラストラクチャを手頃な価格で構築し、HPCの強力なパワーを活用できるようになります。
 
メラノックスのConnectX-3 Pro FDR 56Gb/s InfiniBandデュアルポートアダプタおよびSwitchX®-2 FDR 56Gb/s InfiniBandが採用されているHP Apollo 8000システムは、ラックあたり最大で144台のサーバを搭載可能な100%水冷式のスーパーコンピュータで、空冷式デザインと比べラックあたりで4倍のテラフロップスクラスのハイパフォーマンスが実現されています。環境に優しいデザインによって、データセンターあたりの二酸化炭素排出量が年間で最大3,800トン削減されるとともに、システムの冷却に使用された水を設備内の熱源として再利用することで運用コストのさらなる削減が可能になります。

 

関連情報
 
 
 
メラノックスについて
メラノックステクノロジーズ社は、サーバやストレージを対象にInfiniBandならびにEthernetのエンドトゥエンドインターコネクトソリューションを提供するリーディングカンパニーです。メラノックス社の製品により、最高のスループット、最小のレイテンシーが提供され、データセンターの効率性が向上します、また、アプリケーションにデータが高速に伝達されるため、システムのパフォーマンスを最大限向上させることができます。メラノックスは、アダプタ、スイッチ、ソフトウェア、ケーブル、シリコンといった高速インターコネクト製品を提供しており、これらの製品により、アプリケーションのパフォーマンスが向上し、HPC、データセンター、Web 2.0、クラウド、ストレージや金融といったさまざまな市場において業績を最大化する一翼を担っています。
 
メラノックステクノロジーズに関する詳しい情報は、www.mellanox.co.jp または www.mellanox.com でご確認ください。
 
Mellanox, BridgeX, ConnectX, CORE-Direct, InfiniBridge, InfiniHost, InfiniScale, PhyX, SwitchX, Virtual Protocol Interconnect, Voltaireはメラノックステクノロジーズ社の登録商標です。Connect-IB, CoolBox, FabricIT, Mellanox Federal Systems, Mellanox Software Defined Storage, MetroX, MLNX-OS, ScalableHPC, Unbreakable-Link, UFM, Unified Fabric Managerはメラノックステクノロジーズ社の商標です。記載されているその他の会社名および製品名は、各社の商標または登録商標です。
 

Home  |  会社概要  |  採用情報  |  プレスリリース・最新情報  |  プライバシーポリシー  |  国内パートナー  |  本社サイト