メラノックス テクノロジーズ ジャパン株式会社 - プレスリリース・イベント・セミナー最新情報


ニュース

 
SC2012関連ニュース
 
InfiniBand製品情報
 
Ethernet製品情報
 
ソリューション

 

 

 

 

 

 

 

2012年11月14日 プレスリリース

米ブルックヘブン国立研究所でメラノックスのInfiniBandソリューションが導入され、これまでにないレベルのスピードでの高度な研究を推進

多岐にわたる専門分野の研究機関であるブルックヘブン国立研究所がメラノックスのFDR 56Gb/s InfiniBandを活用しトップレベルの効率性をもたらす100Gbp/sのRDMAサーバおよびストレージネットワークを構築

 

本プレスリリースのpdf版はこちら

 

米国ユタ州ソルトレイクシティ、SC2012(2012年 11月14日):データセンターにおけるサーバやストレージシステム向けにエンドトゥエンドのインターコネクトソリューションを提供するトップベンダーであるメラノックステクノロジーズ社(Mellanox® Technologies, Ltd., NASDAQ: MLNX; TASE: MLNX)は、本日、米国エネルギー省傘下のブルックヘブン国立研究所(BNL)がメラノックスのRDMA対応FDR 56Gbp/s InfiniBandソリューションを導入し、コンピュータおよびストレージ接続用にコスト効率が高くスケーラブルな100Gb/sネットワークを構築したことを発表しました。現在ブルックヘブン国立研究所で行なわれている主要な研究としては、バイオ燃料の生産に向けた生物学的な取り組みの基礎知識を深めるためのシステム生物学、陸上の生態系における二酸化炭素隔離、高度エネルギーシステム研究および万物の本質に関するもっとも根本的な疑問の探求を目指す核/高エネルギー物理学実験などが挙げられます。
 
“ブルックヘブン国立研究所で行なわれている研究は、データストレージシステムへの高速アクセスが要求されるデータ集約型アプリケーションに大きく依存しています”と、ブルックヘブン国立研究所リサーチエンジニアのダントン・ユー氏は語っています。“研究員は10Gbps、100Gbpsあるいはそれ以上の集約速度でデータを読み書きする必要があります。これは、長編のHD映像を1秒以内で取得可能な転送速度に相当します。メラノックスのRDMA対応InfiniBandソリューションによって、サーバおよびストレージ間インターコネクトのボトルネックが解消されるとともに、データ処理コストおよびレイテンシーも制御可能になります。データへのアクセスがさらに高速化することで、BNLは研究の進捗をいっそう早めることが可能になります。”
 
米国エネルギー省科学局が監督し、資金提供をしている主要10か所の国立研究施設の1つであるブルックヘブン国立研究所では、物理科学、生物医科学および環境科学の研究のほか、エネルギー技術ならびに国家安全保障に関する研究も行なわれています。
 
ブルックヘブン国立研究所は、メラノックスのRDMA対応InfiniBandベースのストレージインターコネクト上でiSCSI Extensions for RDMA(iSER)プロトコルを利用するストレージエリアネットワーク(SAN)のテストベッドを構築しました。このストレージソリューションは非常にスケーラブルで、数多くのクラスタ/クラウドホストから仮想ストレージへ無制限にアクセスできるようになるとともに、FTPやWebサーバなどのゲートウェイホストにおいても、クライアントおよびストレージ間で超高速のデータ転送が可能となります。フロントエンドのネットワークインタフェースと組み合わせることで、この性能が強化されたSANによってボトルネックが解消されるとともに、100Gb/sのエンドトゥエンドデータ転送スループットがもたらされます。これにより、BNLの各データセンター内および異なるデータセンターとの間で大量のデータを絶え間なく移動させることが要求されるアプリケーションの処理効率が大幅に向上されます。
 
“ブルックヘブン国立研究所をはじめとする国立研究施設では、効率良く研究を進めるためにアプリケーションによる超高速のデータアクセスが要求されます”と、メラノックステクノロジーズ社市場開発担当副社長ギラッド・シャイナーは述べています。“メラノックスのInfiniBandおよびRDMAソリューションによって、インターコネクトインフラストラクチャにトップレベルの効率性とスケーラビリティがもたらされ、アプリケーションパフォーマンスが大きく向上されます。その結果、BNLの研究者は短期間で研究目標を達成可能になります。”
 
関連情報
 
 
メラノックスについて
メラノックステクノロジーズ社は、サーバやストレージを対象にInfiniBandならびにEthernetのエンドトゥエンドインターコネクトソリューションを提供するリーディングカンパニーです。メラノックス社の製品により、最高のスループット、最小のレイテンシーが提供され、データセンターの効率性が向上します、また、アプリケーションにデータが高速に伝達されるため、システムのパフォーマンスを最大限向上させることができます。メラノックスは、アダプタ、スイッチ、ソフトウェア、ケーブル、シリコンといった高速インターコネクト製品を提供しており、これらの製品により、アプリケーションのパフォーマンスが向上し、HPC、データセンター、Web 2.0、クラウド、ストレージや金融といったさまざまな市場において業績を最大化する一翼を担っています。

メラノックステクノロジーズに関する詳しい情報は、www.mellanox.co.jp または www.mellanox.com でご確認ください。

Mellanox, BridgeX, ConnectX, CORE-Direct, InfiniBridge, InfiniHost, InfiniScale, PhyX, SwitchX, Virtual Protocol Interconnect, Voltaireはメラノックステクノロジーズ社の登録商標です。Connect-IB, FabricIT, MLNX-OS, Unbreakable-Link, UFM, Unified Fabric Managerはメラノックステクノロジーズ社の商標です。記載されているその他の会社名および製品名は、各社の商標または登録商標です。

Home  |  会社概要  |  採用情報  |  プレスリリース・最新情報  |  プライバシーポリシー  |  国内パートナー  |  本社サイト